#49 家系図2016.05.04現在

他人の家系図の見どころって、何でしょうね。
親の名づけセンスが垣間見えてニヤリとしたり、ことビジュアルに関して遺伝子が頑張っているのか、頑張れずに崩壊しているのか…くらいでしょうか。


我が家の場合は6人のシムから始めたので、3系統に分かれます。

  image

3系統のうち、主要メンバーのビジュアルが最も安定しているのは、城田系です。
初代 綾乃ママの血を濃く受け継いだ 2代目 銀河は、金光系2代目の中で最も愛らしい絵麻と結婚し、5人の子供を授かります。
3代目は、タウニーと結婚するしかない・かわいい子は早いもの順という不運を乗り越え、流星以外は愛らしい顔立ちの奥さんを次々ゲット。4代目の綾音は、綾乃から脈々と続く整った顔立ちに、外国人の母親のボンキュッボン!な肉体をゲット。ティーンのうちから色香を放ち、我が家のクレオパトラと化しています。


image

序盤、ウフフが楽しすぎて婚外子を作りまくった陸のおかげで、2代目の人数がやたら多い金光系。
2代目には絵麻という華がありました。
ところが、男子がこぞって奥手・モテない子ばっかりで、なかなか結婚できず。
登流に至っては、性格が悪すぎて彼女すらできないまま、天国へ旅立つ始末です。
序盤とは比べ物にならないほど、チンタラチンタラとしている子孫たち。
それに加え、城田家から奈津美が海斗に、置田家から風香が宙のところに、それぞれ嫁いできて、城田家の「負のタレ目エキス」と、置田家の「負のアゴなしエキス」の煽りを食うことになりました。
4代目の上原 顕一、このルックスで、体ガリガリ。もう笑うしかない、似合う髪型なんて、ない(笑)
もう1つ、万理が結婚したタウニーの鈴木さんですが、実は宇宙人だったことが判明しました。息子の涼太は幸い人間のようです。

続いて、アゴなしの遺伝は止まるのか、置田系です。
image
3代目の男女比率の関係で、4代目の人数は最多を誇る置田系ですが、まあアレですよ。
とにかくアゴがない。
最初から、ある種、整形顔のようなシムを入れて、DNAが薄まっていく様をウォッチング…と思っていたけど、薄まるどころか一族そろって皆々様、アゴがお狭い。
薄まる日は来るんだろうか………。


ということで、
このほかに隠し子などがいれば、また情勢が変わるかも知れませんが、今のところ4代目がボチボチ成人し始めたところです。

(2016/05/04)